投資信託最新情報
2019年04月18日(木)
 投資信託最新情報

TDBの新規株式上場意向調査結果、上場理由最多は知名・信用度

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























TDBの新規株式上場意向調査結果、上場理由最多は知名・信用度

このエントリーをはてなブックマークに追加
(株)帝国データバンク(TDB)は、未上場だが新規株式上場(IPO)意向を有する企業に対し、このほど行ったアンケート調査結果を発表した。

2010年のIPO数は、4年ぶりに前年比増の22社となったが、3年連続しての50社割れと低水準にあることから、今後のIPO動向を探るために同社が、上場意向のある3,806社を対象に本年2月に郵送アンケート(震災前に回収)を行ったもの。

新規株式上場意向調査

この結果、1,219社からの回答を得、「IPOの意向がある」と回答した566社から上場計画などを聞いたところ、上場を目指す理由について(複数回答)は、「知名度や信用度の向上」とした企業が424社(74.9%)とトップとなっている(上図)。

上場未定が半数。予定最多は2014年・東証マザーズ
また、上場予定時期については、「未定」とした企業が257社(45.4%)と約半数を占め、具体的な上場時期を答えた中では「2014年」が69社(12.2%)で最多になった。

そして上場予定市場(複数回答)では、「東証マザーズ」(213社、37.6%)が最も多く、次いで「大証JASDAQ」※(198社、35.0%)となっている。
※ 大証ヘラクレスとJASDAQ、NEOの3市場が2010年10月に統合して誕生。


海外市場に関心は高いが、上場未検討がほとんど
海外市場への興味については、IPO意向企業中の約4割の219社(38.7%)が、「(具体的な検討の有無にかかわらず)興味がある」と回答、その一方、海外市場へ実際に上場を検討している企業は27社(4.8%)に留まり、関心は高いが未検討という状況だった。

なお、新規上場基準の緩和・強化については、「緩和すべき」と回答した企業が217社(38.3%)と、約4割が答えていた。


外部リンク

調査概要
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0279326_01.pdf

(株)帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/
Amazon.co.jp : 新規株式上場意向調査 に関連する商品



  • どこまでも自己利益追求 清水正孝東電前社長アラビア石油社外取締役の意図(6月5日)
  • 「美容整形ツーリズム診療」開始 中国富裕層向けに充実の受け入れ態勢 【湘南美容外科クリニック梅田院】(3月27日)
  • 「みんなの力」で植林!アンケートを活用した植林プロジェクト開始(10月12日)
  • 東芝、高容量・長寿命の充電式電池「IMPULSE」シリーズを発売(9月14日)
  • 10ワット以下の電灯料金を3割軽減へ--LEDなど省エネ促進で電力会社(9月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->