投資信託最新情報
2019年10月14日(月)
 投資信託最新情報

米ナスダック、大証と新市場創設検討の思惑一致で12年にも

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























米ナスダック、大証と新市場創設検討の思惑一致で12年にも

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ナスダック市場を運営する「ナスダックOMXグループ」が、大阪証券取引所と共同し、2012年にも日本で新市場を創設する検討をしていることが、28日に分かった。

ナスダックは、過去00年に大証との提携で新興市場「ナスダック・ジャパン」を開設したが、取引低迷などから02年に撤退した経緯があり、実現すれば10年ぶりの日本再参入となる。これは共同通信などが報じている。

新市場創設

デリバティブでは協力済み、アジアの取込みも意図
大証は、昨年2月にナスダックと新興市場や金融派生商品(デリバティブ)取引などの分野で協力する協定を締結し、デリバティブ売買システムは既にナスダック製を使っている。

両取引所は具体案の検討に入っており、
1.大証銘柄の売買や新規上場ができる新市場を発足
2.東証銘柄も取引可能で夜間も売買できる私設取引システムの創設

などの案が浮上していて、投資家が使いやすい市場とし、アジア新興国の投資家を取り込むことも狙いという。

ここにきて、アジアの経済成長取り込みを意図するナスダックと、海外市場との連携を模索する大証の意向が合致した格好だ。


外部リンク

ナスダック(NASDAQ) by Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/NASDAQ

共同通信
http://www.47news.jp/

Amazon.co.jp : 新市場創設 に関連する商品



  • どこまでも自己利益追求 清水正孝東電前社長アラビア石油社外取締役の意図(6月5日)
  • 「美容整形ツーリズム診療」開始 中国富裕層向けに充実の受け入れ態勢 【湘南美容外科クリニック梅田院】(3月27日)
  • 「みんなの力」で植林!アンケートを活用した植林プロジェクト開始(10月12日)
  • 東芝、高容量・長寿命の充電式電池「IMPULSE」シリーズを発売(9月14日)
  • 10ワット以下の電灯料金を3割軽減へ--LEDなど省エネ促進で電力会社(9月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->