投資信託最新情報
2017年11月22日(水)
 投資信託最新情報

11月の運用成績ランキングは業種別ETFが上位に

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























11月の運用成績ランキングは業種別ETFが上位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
イボットソン・アソシエイツ・ジャパンが公開
投資コンサルティング会社「Ibbotson Associates」の日本法人である「イボットソン・アソシエイツ・ジャパン」が、追加型株式投資信託の11月期、1カ月の運用成績ランキングを発表した。

ランキングは、11月末に運用されていた追加型株式投資信託の3955本から、デリバティブ型、ヘッジファンド型、確定拠出年金拠出年金、SMA口座などの専用投資信託を除いた3465本を対象としたもので、YOMIURI ONLINEを通じ、トップ30位の資料が公開されている。

2012年11月運用成績
日本株式・業種別ETFが上位に
ランキングによると、1位は大和証券投資信託委託の「ダイワ上場投信・TOPIX-17 自動車・輸送機」で13.5%の騰落率となっている。続く2位には野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS 自動車・輸送機(TOPIX-17)上場投信」が同じ13.5%で、3位は大和証券投資信託委託の「ダイワ上場投信・TOPIX-17 電力・ガス」が12.8%、4位には野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS 電力・ガス(TOPIX-17)上場投信」が12.8%で、5位にはSBIアセットマネジメントの「ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド」が11.9%でランクインしている。

このトップ5をみると、特定の業種に集中投資を行う日本国内株式のセクター型が4本ランクインで、上位を独占していることが分かる。1位と2位が自動車・輸送機、3位と4位が電力・ガスの、それぞれ業種別指数に連動する運用成果を目指すタイプのETF(上場投資信託)だ。ただし、純資産額でみると、いずれも10億円未満、なかには1億円台のものもある、規模としてはかなり小規模な投資信託となっている。

ブラジルレアルの低調が目立つ結果に
トップ30位のランキングでは、海外の有名企業に投資を行う海外ブランド株の好調傾向がうかがえる。インド株式に投資するタイプも3本ランクインし、注目のものとなっているようだ。

8位以降では、日本国内の有名企業の株式に投資を行いながら、豪ドルやトルコリラ、アジアの通貨などで運用する通貨選択型の、野村アセットマネジメントによる「野村日本ブランド株投資 通貨選択型」シリーズが各コースでランクインしてきている。

しかし、このシリーズにおいても資源通貨コースやブラジルレアルコースはランク外となった。このほかの通貨選択型ファンドにおいても、以前まで流行であったブラジルレアルコースがシリーズの最後尾につける成績となっているといい、低調傾向が顕著にあらわれた結果となった。

外部リンク

追加型株式投資信託 1か月の運用成績Top30 2012年11月末
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/toshin/ranking/pdf/

イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社
http://www.ibbotson.co.jp/
Amazon.co.jp : 2012年11月運用成績 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->