投資信託最新情報
2017年11月19日(日)
 投資信託最新情報

フィデリティ投信、新愛称「悠々債券」ファンドが注目

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























フィデリティ投信、新愛称「悠々債券」ファンドが注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
14年間にわたる良好な運用成績
投資信託のフィデリティ投信株式会社は22日、同社の取り扱う「フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド」[Aコース(為替ヘッジ付き)/Bコース(為替ヘッジなし)]に、20日付で新たに愛称「悠々債券」を付与したことを発表し、ニュースレターを公開した。

この愛称付与は、先日の決定時にすでに発表されていたものだが、あらためて正式に付与されたことが報告された。同ファンドは、約14年間にわたり良好な運用実績を上げてきており、悠々と時間をかけながら資産をしっかりと育てていく役割を担っていることから、「悠々債券」という名もふさわしいとしている。

愛称の付与も投資家の注目を集め始めたことから決定されたといい、たしかにその堅実なパフォーマンスは注目のファンドといえるだろう。

(ニュースレターより参考グラフ資料)
悠々債券
PR活動もさらに強化へ
悠々債券は、性格の異なる世界の社債や国債を組み合わせて投資することにより、リスク分散を図りながら、利息等収入の確保とともに値上がり益の追求を目指している。

1998年9月の設定以降のAコースにおける累積投資額推移をみると、着実に上昇を重ねており、為替変動リスクを回避することで、円高の影響をおさえつつ、長期にわたる高いパフォーマンスをあげている。

(ニュースレターより参考グラフ資料)
悠々債券
設定来で年率2.9%、過去10年で年率4.1%、3年で年率6.7%と運用実績良好であることから、昨今、ファンドへの資金流入も続いており、2012年10月19日時点で純資産総額は約57億円となっている。これは年初時点と比べて6倍弱の増加であり、大きな伸びといえる。

フィデリティ投信では、今後同ファンドの愛称付与を機に、よりPR活動を強化していくとしており、情報発信を積極的に行っていく方針だ。

外部リンク

フィデリティ投信株式会社 ニュースレター
http://www.fidelity.co.jp/fij/news/pdf/20121022.pdf

フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド Aコース/Bコース
ファンド情報
http://www.fidelity.co.jp/fij/fund/sif_1.html
Amazon.co.jp : 悠々債券 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->