投資信託最新情報
2019年08月19日(月)
 投資信託最新情報

スワップ金利魅力の豪ドル/円がFX売買数トップに--昨年の「くりっく365」取引

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























スワップ金利魅力の豪ドル/円がFX売買数トップに--昨年の「くりっく365」取引

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京金融取引所が4日発表した外国為替証拠金(FX)取引(愛称:「くりっく365」)で、2010年度の売買(取引)数量は、オーストラリア(豪)ドル/円取引がアメリカ(米)ドル/円を抜いてトップだったという。

くりっく365売買数

「くりっく365」取引数量は、総数で約1億1千万枚(1枚は1万通貨単位)と前年比で45%増えており、このうち豪ドル/円が約3427万枚で、前年比93%増えた。米ドル/円も4割近い増加だが、豪ドルがこれをはるかに上回ったもの。(下表参照)

流動性高く安定性ある豪ドル、スワップ金利が魅力に
豪ドルに人気が集まる理由は、その高い金利(現在4.75%)にある。豪州は中国などへの資源輸出国として、世界でいち早く景気が回復基調に転じ、政策金利の上昇が続いていて、実質ゼロ金利の日本円との金利差から発生する収入(スワップ金利)が注目されるためだ。

金利の低い通貨(円)を売って高金利通貨(豪ドル)を購入すると、その通貨ペア保有中は金利スワップ(金利差益)を受け取ることができる。しかも、レバレッジを効かせるFXには、少ない原資で大きな差益を得られるメリットがある。

ただしFXは、証拠金が不足するとロスカットとなり、証拠金には余裕が必要だが、豪ドルは比較的に流動性が高いことから、暴落する可能性は低いと考えられる。このため金利差益を狙った長期保有を目的に、買い増しする投資家が多いとみられている。

くりっく365売買数

ユーロ/米ドルは前年比3倍超に! 通貨ペアも拡がる
このほかでは、ユーロ/米ドルが前年比229%増と急増、次いでスイスフラン/円(同101%増)、ユーロ/円(同100%増)などと続いて、通貨ペアの選択肢も広がるとともに、全てのFX取引が前年比で増える結果となった。

ここしばらくは、米国や日本などが金融緩和策を継続することが予想され、スワップ目当ての豪ドル買いも当分続きそうだ。


外部リンク

「2010年12月および2010年の取引数量について」
http://www.tfx.co.jp/newsfile/11/201012repo_j.html

(株)東京金融取引所
http://www.tfx.co.jp/
Amazon.co.jp : くりっく365売買数 に関連する商品



  • 豪ドルの中期展望について、三菱UFJ投信の見解(11月30日)
  • どこまでも自己利益追求 清水正孝東電前社長アラビア石油社外取締役の意図(6月5日)
  • 「美容整形ツーリズム診療」開始 中国富裕層向けに充実の受け入れ態勢 【湘南美容外科クリニック梅田院】(3月27日)
  • 「みんなの力」で植林!アンケートを活用した植林プロジェクト開始(10月12日)
  • 東芝、高容量・長寿命の充電式電池「IMPULSE」シリーズを発売(9月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->