投資信託最新情報
2017年11月19日(日)
 投資信託最新情報

円ヘッジ外債ファンドに資金流入が加速した8つの条件

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























円ヘッジ外債ファンドに資金流入が加速した8つの条件

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気の秘密は?
野村アセットマネジメント12月12日の特集は、円ヘッジ外債ファンドへの資金流入が増加していることについてだ。

投信評価機関が注目する指標にはファンドの純資産増減がある。純資産の増加は運用増減と資金増減に大別され、資金増減で売れ筋のファンドがわかる。

世界的な景気減速懸念から、投信信託マーケット全体では過去3ヶ月で約800億円の資金が流入しているが、こうした中でも資金が増加しているジャンルに「円ヘッジ外債ファンド」がある。

円ヘッジ外債ファンドとは、格付けなどにかかわらず外債に投資。為替リスクは円ヘッジで提言し運用するファンドだ。野村アセットマネジメントの商品としては、
・野村新興国債券投信Aコース(毎月分配型)純資産総額1597.5億円
・高利回り社債オープン・為替ヘッジ(毎月分配型)純資産総額301.9億円
・野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型 愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型 純資産総額19.461億円
・野村新エマージング債券投信(通貨選択型)円コース(毎月分配型)純資産総額404.2 億円
・野村グローバル・ハイ・イールド債券投信(バスケット通貨選択型)円コース(毎月分配型) 純資産総額465.9 億円
がある。(純資産総額は2012年12月12日付)
野村アセットマネジメント
資金流入の背景、8つの条件
資金流入が増えている背景には、
(1)低金利が継続する日本と比較して海外には相対的に利回りの高い資産がまだあること。
(2)但し、海外資産に投資をする場合、為替のリスクがつきまとうこと。
(3)この為替リスクを回避するための手法に為替ヘッジがあり、これにはコストがかかること。
(4)為替ヘッジコストは内外の短期金利差で決まる、たとえば、米ドルの為替ヘッジコストについては日米の短期金利差で決まること。
(5)日米の短期金利差が現在ほぼゼロになっていること。
(6)米国の連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が2015年半ばまで低金利を継続すると宣言していること(2012年10月現在)。
(7)その結果、米ドル建て資産を対象とする円ヘッジ外債ファンドを中心に、為替ヘッジ後の債券利回りでみても相対的に債券利回りが高い商品と映ったこと。
(8)そして、同じ投資対象のファンドでも、為替ヘッジしないファンドと比較すると、ファンドのリスクが比較的小さいこと。
があげられている。

為替ヘッジを活用した資産運用は投資家にとって、投資対象候補の一つになる可能性も考えられるのではと特集は締めくくられている。

外部リンク

資金流入が加速する円ヘッジ外債ファンドの背景
http://www.nomura-am.co.jp/special/20121210/
Amazon.co.jp : 野村アセットマネジメント に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->