投資信託最新情報
2022年05月17日(火)
 投資信託最新情報

アルゼンチンの格下げが今後ファンドに与える影響は?

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























アルゼンチンの格下げが今後ファンドに与える影響は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
長期は5段階、自国は1段階の引き下げ
2012年11月27日、格付け会社フィッチ・レーティングスはアルゼンチンの外貨建て長期発行体格付けを5段階引き下げ、「B」から「CC」とした。自国通貨建て長期発行体格付けは1段階引き下げ、「B」から「B-」に。格付け見通しはネガティブとした。

この引き下げは、アルゼンチンで2002年に発生したアルゼンチン債の債務不履行(デフォルト)の際、債務再編を拒否した債権者に対し米国連邦地裁が下した判決の影響で、デフォルトの可能性が高まったことによるものだ。

米国連邦地裁は債務再編を拒否した債権者に対しても債務再編に応じた債権者と同様に支払いを命じる判決を下した。しかし、28日に米国控訴裁判所が米連邦地裁の判決に緊急中止命令をくだし、2013年までアルゼンチン政府に返済の猶予を与えた。
アルゼンチン
新生インベストメントがレポート
新生インベストメント・マネジメント株式会社は、この格下げに関連して、「エマージング・カレンシー・債券ファンド」臨時レポートを発表した。

エマージング・カレンシー・債券ファンドには毎月分配型、一年決算型、新エマージング・カレンシー・債券ファンド毎月分配型がある。いずれもアルゼンチンはエマージング債券インデックスの構成国ではなく、投資先ファンドの債券や通貨にも組み入れられていないということだ。

レポートでは2012年9月18日現在の運用会社からのコメントとして、
米国連邦地裁の判決を受けてアルゼンチン債は大きく下落しており、すでにディストレスト(財務面から危機に陥っている債務のこと)という水準に達しています。また、今後の見通しは極めて不透明で、ファンダメンタル・リサーチを行い、投資判断をする状況にないと考えています。
とし、さらに
アルゼンチンの問題は完全に同国固有の問題で、他のエマージング諸国のファンダメンタルズや現地通貨建てエマージング債券市場の投資家センチメントに影響する可能性は低いと考えています。
と述べている。


外部リンク

アルゼンチン格付けを「CC」に引き下げ、デフォルトの可能性高まる 【ロイター】
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/

エマージング・カレンシー・債券ファンド(毎月分配型)臨時レポート
http://www.shinsei-investment.com/pdf/emerging_report_121130.pdf

エマージング・カレンシー・債券ファンド(1年決算型)臨時レポート
http://www.shinsei-investment.com/pdf/emerging_ichinen_report_121130.pdf

新 エマージング・カレンシー・債券ファンド(毎月分配型)臨時レポート
http://www.shinsei-investment.com/pdf/emerging_new_report_121130.pdf
Amazon.co.jp : アルゼンチン に関連する商品



  • SMBC日興證券が、はじめての投信つみたてキャンペーン開催(5月4日)
  • 商品先物取引、金ミニ・白金ミニ呼値縮小記念!チャレンジキャンペーン実施(4月25日)
  • 楽天証券が、投信積立デビューキャンペーン実施(4月22日)
  • 親子で投資にチャレンジセミナー、開催のお知らせ(4月19日)
  • 【セミナー開催】2022/4/18(月)19時30分より、「全く新しい資産運用サービス『Wealth Wing』の魅力」を開催(4月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->