投資信託最新情報
2024年05月29日(水)
 投資信託最新情報

中国株式ファンドの新規設定中止が相次ぎ発生

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























中国株式ファンドの新規設定中止が相次ぎ発生

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気低調で各社のファンド新規設定が中止に
尖閣諸島をめぐる日中関係の緊張が高まっている状況の影響から、予定されていた中国株式ファンドの新規設定中止が相次ぐなど、人気低迷が著しい。

10月30日に設定される予定であったSBIアセットマネジメントの「中国本土人民投資信託(毎月分配型)」も募集が低調で設定は中止となった。当月10月を振り返ると、ユナイテッド投信の「中国A株オープン」や三井住友アセットマネジメントの「中国株利回りファンド2012-10(限定追加型)」も、新規設定が予定されていたものの、現時点で中止が決定している。

さらに岡三アセットマネジメントの「中国A株オープン」も、10月1日から10月23日にかけて募集を行い、10月24日の新規設定を予定していたが、設定は延期の状態だ。

(画像はイメージ)
中国株式ファンド
既存ファンドも純資金流出
新規設定の中止が相次いでいるばかりでなく、既存ファンドの純資金流出も続いているという。モーニングスター社が同社のカテゴリー「国際株式・中国(為替ヘッジなし)」を対象に傾向を調査したところ、2012年3月以降、純資金流出基調が確認されるとしている。

とくに柳条湖事件の発生した9月18日を含む、反日運動が激化した9月は211億円の流出で、純資金流入を記録したファンドがゼロという結果になっている。10月29日までの10月途中集計でも、158億円の純資金流出が推計で算出されており、依然強い流出傾向が続いていることがうかがえる。

モーニングスター社では、こうした既存の中国株式ファンドの純資金流出入動向も、ファンドの新規設定中止に少なからず影響を与えているものとみている。2国間の関係とともに、今後の動向が注視される。

外部リンク

モーニングスター 「国際株式・中国(為替ヘッジなし)」カテゴリー
http://www.morningstar.co.jp/FundData/
Amazon.co.jp : 中国株式ファンド に関連する商品



  • 貸付型クラウドファンディング「Funvest」、5/20より、新ファンド「Impression 都市型マンションファンド1-1号【上場親会社保証付】」の募集開始(5月22日)
  • 「ウェルスナビ×R」サービス開始(5月22日)
  • 【ソーシャル・エックス】北國銀行・QRインベストメントとインパクトファンド組成などの協業に向けた検討を開始。(5月9日)
  • 京都新聞 不動産投資セミナー「マンション投資成功の勘どころ」、6月9日開催!(5月9日)
  • 上場企業が政策的に継続保有する、「非上場の政策保有株式」売却専門サイトを開設(5月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->