投資信託最新情報
2017年11月19日(日)
 投資信託最新情報

三菱UFJ投信、NISA向けファンドのスペシャルサイトを公開中

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























三菱UFJ投信、NISA向けファンドのスペシャルサイトを公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱UFJ投信株式会社はNISA(ニーサ:少額非課税投資制度)に適したファンドである「三菱UFJ/ピムコトータル・リターン・ファンド」に関するスぺシャルサイトを公開している。

サイト
スペシャルサイトには、最新の基準価額情報やマーケット情報のほか、本ファンドの特徴でもある「トータル・リターン運用」の運用成果と具体的な運用戦略についてや、運用会社である「PIMCO社」に関する詳細な解説が掲載されている。

なお、このサイトは“レスポンシブWEB サイト”仕様になっているので、PCのみならずタブレット端末、スマートフォン等でも快適に閲覧することができる。

米ドル建ての投資適格債券に投資
「三菱UFJ/ピムコトータル・リターン・ファンド」は米ドル建ての投資適格債券(国債・政府機関債、モーゲージ証券、社債、資産担保証券等)を実質的な主要投資対象とした商品で、信託期間は2023年9月8日までとなっている。

運用はファンド・オブ・ファンズ形式で実施され、債券運用における世界トップクラスの実績を持つ「PIMCO(Pacific Investment Management Company LLC)社」が運用する円建外国投資信託「ピムコ・トータル・リターン・ストラテジー・ファンド(ルクセンブルグ籍)」を通して投資対象である米ドル建ての投資適格債券に投資が行われるほか、三菱UFJ投信株式会社が運用する円建国内投資信託「マネー・マーケット・マザーファンド」を通して、わが国の短期公社債等にも投資が行われる。

なお、米ドル建ての投資適格債券とは別にトータル・リターン(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)の最大化を目的として、米国以外の債券やエマージング(新興国)債券、その他(バンクローン、転換社債等)への投資を行うこともあるとしている。

また、為替変動リスクの低減を図るか否かで「米ドルヘッジ型」と「為替ヘッジなし」の2コースが用意されており、さらに収益分配の頻度に応じて「年1回決算型」と「毎月決算型」の2コースが用意されているので、これらを組み合わせることによってできた4つのプランのなかから、投資スタイルに合わせて選択し、投資することができる。


外部リンク

「三菱UFJ/ピムコトータル・リターン・ファンド」スペシャルサイト
http://www.am.mufg.jp/fund/sp/pimco/index.html

Amazon.co.jp : サイト に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->