投資信託最新情報
2017年11月22日(水)
 投資信託最新情報

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン・毎月分配型、3回目の優秀ファンド賞受賞に納得の理由

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン・毎月分配型、3回目の優秀ファンド賞受賞に納得の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
436本の中から受賞
モーニングスターが選出する、ファンド オブ ザ イヤー 2012の国債債券型(為替ヘッジなし)部門で、大和証券投資信託委託株式会社が設定・運用するハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)が優秀ファンド賞を受賞した。

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)は「ファンド オブ ザ イヤー 2008」と「ファンド オブ ザ イヤー 2010」で優秀ファンド賞を受賞しており、今回で3回目の受賞。
ハイグレードオセアニアボンドオープン
受賞のポイント
ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)が対象ファンド436本の中から選定された理由は、
・2012年の社債を組入れないファンドでは第1位の運用成績
・ポートフォリオ格付けはすべて最高のAAA
・足元の運用成績の改善
・国内有数の運用体制
によるものだという。

運用成績については、ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)のトータルリターンは21.04%。類似のファンド分類平均を1.02%上回っている。

2012年12月末時点で社債等をほとんど組入れないファンドの中では、8本中1位の成績となった。(※ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)と同一のマザーファンドに投資する2ファンドを除く)

ポートフォリオの格付けについては、2012年12月末時点の債券の種別構成で、州債42.1%、国際機関債23.2%、国債18.6%、政府機関債12.8%。格付け別では最高格付のAAAが100%。

過去の格付け別構成比でもほとんどが最高格付のAAA格で占められている。このような構成は類似ファンドの中でも少数で、まさに「ハイグレード」な構成だ。

運用体制についても、国内有数の運用・調査体制の強化を継続的に行っており、ファンドの純資産額は国内トップクラスだ。

最新為替・債券市場の動き
2013年2月5日付の最新週次ファンドレポート(基準日は2013年2月1日)では、
今週の為替市場見通しについて再び円安の勢いが見られる為替市場ですが、その動きが一方的かつ急速でもあり、今週は調整での円高の動きに注意する必要があるかもしれません。
と述べた上で、
中長期的なオセアニア通貨高・円安の流れは変わらないと思われるため、両通貨の投資タイミングを見極める相場展開を予想します。
としている。

債券市場については、今週火曜日には、RBA(豪州準備銀行)の金融政策決定会合が開催、木曜日には1月雇用統計の発表も予定されており、次回3月以降の利下げの有無を判断する上で注目されるイベントがつづく。

RBAの金融政策決定会合については、
政策金利は現状の3.00%で据え置かれる見通しですが、会合後の声明文で追加緩和の可能性を示唆した場合、現状の金利上昇トレンドが反転低下に向かう可能性もあることには要注意です。
とのことだ。

さらに、
欧米など海外主要市場動向に加えて、今週は豪州の国内要因にも要注目です。
と述べている。※引用は週次レポートより

ファンド情報
ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)は2013年2月5日現在、基準価額8137円、純資産総額7998.88億円。直近決済日は2013年1月15日で、分配金は50円。

騰落率は1ヶ月+4.88%、3ヶ月+15.28%、6ヶ月+19.46%、1年+25.02%、3年+47.20%、5年+34.84%、設定来+86.90%。



外部リンク

ファンド オブ ザ イヤー 2012 国際債券型(為替ヘッジなし)部門 優秀ファンド賞 ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン
http://www.morningstar.co.jp/event/foy2012/report/index_b43.

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)
http://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/detail_top.php?code=3002
Amazon.co.jp : ハイグレードオセアニアボンドオープン に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->