投資信託最新情報
2021年10月16日(土)
 投資信託最新情報

個人投資家を対象とした支援サービス「NISAスタートアッププログラム」を開始(IFA JAPAN(R)株式会社)

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























個人投資家を対象とした支援サービス「NISAスタートアッププログラム」を開始(IFA JAPAN(R)株式会社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
実践に関する悩みを解決
ポートフォリオ運用の助言業務、海外金融商品の情報提供などを手掛ける「IFA JAPAN(R)株式会社」は2014年11月より、個人投資家を対象とした支援サービス「NISAスタートアッププログラム」の提供を開始した。

IFA JAPAN(R)株式会社
このプログラムはNISA口座を開設したものの、まだ実際には投資を行っていない人が持つ、「どのような投資方法がよいのかよくわからない」、「具体的な金融商品の選び方がわからない」といった、「実践」に関する「悩み」を解消することを目的としており、初心者でも取り組みやすい内容となっている。

大きく分けて「NISA活用のための動画による知識習得」と「投資信託の個別投資助言」の2つに分かれており、主に「NISAの仕組みを理解する」、「自分の投資目的に応じた投資方法を知る」、「自分が取り引きする金融機関における具体的な投資信託の銘柄がわかる」ことなどを目標としている。

「Eラーニング」を得意としている株式会社ネクプロのシステムが採用されており、好きな時間に受講したり助言を受けたりすることが可能だ。価格は講座と投資助言を含めて18,000円(税別)となっている。

主要14の金融機関に対応、3つの投資戦略から投資スタイルに沿ったプランで実践
プログラム1つめの「NISA活用のための動画による知識習得」は、約50分の動画による講座を視聴して、NISAの仕組み、投資方法の確認、戦略別投資信託の選び方について理解を深めるという内容だ。

2つめの「投資信託の個別投資助言」は、希望者のみが対象となる。投資顧問契約を締結し、利用している金融機関(NISA口座未開設の場合は、利用したい金融機関)を指定した後、その指定した金融機関で取り扱っているNISA専用投資信託の中から、投資戦略別の個別銘柄を具体的に投資助言してもらえるというものだ。

野村證券、大和証券、三菱東京UFJ銀行など、主要14の金融機関に対応しており、投資戦略は全部で3つ用意されているので、その中から、自分の投資スタイルに沿ったプランを選択して実践することが可能となっている。


外部リンク

「NISAスタートアッププログラム」専用サイト
http://ifa-media.net/nisa.html

Amazon.co.jp : IFA JAPAN(R)株式会社 に関連する商品



  • iDeCoナビをリニューアル~DC・iDeCo協会(10月14日)
  • 予告1カ月で5万人超が事前エントリー!遊びながら学べる新感覚ポイント運用アプリ 「STOCKPOINT for MUFG」、10月1日より正式リリース!(10月8日)
  • みずほ証券で資産運用応援キャンペーンを実施(10月7日)
  • 楽天証券の投資情報メディア「トウシル」の 公式YouTubeチャンネルが登録者数10万人突破(9月29日)
  • いよいよ来週開催!最新トレンドの資産運用 商品・サービスが出展< 第2回 資産運用EXPO【関西】>(9月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->