投資信託最新情報
2023年01月27日(金)
 投資信託最新情報

新興国の「3つの資産」と「通貨」に着目、「エマージング・プラス 円戦略コース/成長戦略コース」の運用状況

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























新興国の「3つの資産」と「通貨」に着目、「エマージング・プラス 円戦略コース/成長戦略コース」の運用状況

このエントリーをはてなブックマークに追加
新興国の成長は続く?
日興アセットマネジメント株式会社が、12月7日に発表した販売用資料では投資魅力が再注目される新興国の「3つの資産」と「通貨」についてと題し、「エマージング・プラス 円戦略コース/成長戦略コース」の魅力と運用状況について述べている。

先進国では、依然として景気減速懸念が払拭できない状況にあるが、新興国では着実な経済成長が続いており、金融市場や不動産市場は今後も規模の拡大が見込まれるとしたうえで、今後先進国の景気回復とともに、投資家のリスク許容度が回復に向かえば、成長余地の高い新興国市場への注目が高まることが期待できるとしている。

2012年12月12日付の状況は、エマージング・プラス 円戦略コースの基準価額は9449円、純資産総額16385百万円。分配金は2012年12月10日付で90円。

エマージング・プラス 成長戦略コースの基準価額は8603円、純資産総額51984百万円、分配金は同日付で140円。
エマージングプラス
エマージング・プラス円戦略コースのねらい
エマージング・プラス 円戦略コースの為替ヘッジについては、資産部分の90%程度を円でヘッジしている。各資産のうち、G10の国の主要通貨(米ドルやユーロなど)建ての資産について円でヘッジを行ない、為替変動リスクの低減を図っている。

エマージング・プラス 円戦略コースの騰落率は、1ヶ月1.1%、3ヶ月6.4%、6ヶ月11.4%、1年17.3%。設定来7.8%だ。

エマージング・プラス 成長戦略コースのねらい
エマージング・プラス 成長戦略コースの通貨への投資については、複数通貨に投資することで単一通貨の投資と比べて為替変動リスクの低減を図っている。各資産のうち、G10の国の主要通貨(米ドルやユーロなど)建ての資産について、成長性の高いと考えられる新興国の5通貨程度に投資。為替ヘッジプレミアムや為替の値上がり益の獲得を目指している。

成長戦略コースでは投資環境に応じて毎月一回組み入れ通貨の見直しを行なっており、通貨の入れ替え効果が運用成果に結びついているとのことだ。

エマージング・プラス 成長戦略コースの騰落率は1ヶ月4.4%、3ヶ月14.2%、6ヶ月21.7%、1年27.9%。設定来は7.6%。


外部リンク

投資魅力が再注目される新興国の「3つの資産」と「通貨」について
http://www.nikkoam.com/files/lists/news/20121210_01.pdf

エマージング・プラス 円戦略コース
http://www.nikkoam.com/products/detail/641570/character

エマージング・プラス 成長戦略コース
http://www.nikkoam.com/products/detail/641588/character
Amazon.co.jp : エマージングプラス に関連する商品



  • 不動産データ分析基盤「estie pro」、商業用不動産への投資判断時や、管理物件の収支報告時に作成する競合物件リストが、英語作成可能に(1月20日)
  • 【2月7日 特別公開授業】女子高校生が新NISAを学ぶ!ファイナンシャルアカデミー、品川女子学院に「お金の授業」提供(1月19日)
  • くらしの経済メディア『MONEY PLUS』にて新連載、「お金の知りたいを解決!お金の学園~学級委員・よゐこ 有野晋哉~」が、2023年1月10日よりスタート(1月17日)
  • 50歳以上の方へ、老後資金づくりをテーマにした 新刊『70歳・80歳でも、明るく過ごせる老後資金づくり』が、2023年1月6日(金)Amazon、1月16日(月)書店にて発売(1月17日)
  • ウェルスナビ、成年年齢の引き下げに伴い、「おまかせNISA」を満18歳以上のお客様に提供開始(1月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ