投資信託最新情報
2023年01月27日(金)
 投資信託最新情報

投資信託協会、11月の投信概況を発表

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























投資信託協会、11月の投信概況を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投信で8か月ぶり純資金流出
投資信託協会が13日、11月の投資信託概況を発表した。それによれば、公社債投信なども含む総合計で、11月の設定額は4兆7836億円、解約額は4兆6601億円、償還額が242億円で、差引き993億円の純資金増となっている。純資産総額は前月末と比較し、1兆2749億円の増加で、月末時点で60兆8975億円となったという。なお、このうち運用等での増加額は1兆1756億円となっている。

今期の単位型を含む株式投信は、設定額が2兆548億円、解約額が2兆1002億円となり、解約率が4.3%で、償還額が242億円であった。結果、株式投信では696億円の純資金流出となり、8か月ぶりの減少を記録するものとなった。単位型と追加型では、単位型で895億円の増加、追加型で1591億円の減少となっている。

(画像はイメージ)
投信概況
運用ではプラス、純資産額は増加
一方、運用などでは前月末に比べて1兆1755億円の増加が記録され、3カ月連続のプラスとなっている。月末時点の純資産総額は50兆353億円で、7か月ぶりの50兆円台回復となった。

11月中の株式運用は、国内株式について対市場で958億円の売り越し、外国株式は654億円の売り越しとなっている。株式投信の組入れ株式は、前月末比で4054億円増加し、月末時点で11兆9027億円(うち外国株式は3兆6413億円)になり、純資産総額に対する比率は23.8%となった。

組入れ公社債では前月末比で1254億円の増加となり、月末時点で15兆4444億円(うち外国債券12兆7618億円)となっている。純資産総額に対する比率は30.9%となった。

外部リンク

投資信託協会 統計データ
http://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/data/
Amazon.co.jp : 投信概況 に関連する商品



  • 不動産データ分析基盤「estie pro」、商業用不動産への投資判断時や、管理物件の収支報告時に作成する競合物件リストが、英語作成可能に(1月20日)
  • 【2月7日 特別公開授業】女子高校生が新NISAを学ぶ!ファイナンシャルアカデミー、品川女子学院に「お金の授業」提供(1月19日)
  • くらしの経済メディア『MONEY PLUS』にて新連載、「お金の知りたいを解決!お金の学園~学級委員・よゐこ 有野晋哉~」が、2023年1月10日よりスタート(1月17日)
  • 50歳以上の方へ、老後資金づくりをテーマにした 新刊『70歳・80歳でも、明るく過ごせる老後資金づくり』が、2023年1月6日(金)Amazon、1月16日(月)書店にて発売(1月17日)
  • ウェルスナビ、成年年齢の引き下げに伴い、「おまかせNISA」を満18歳以上のお客様に提供開始(1月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ