投資信託最新情報
2023年01月27日(金)
 投資信託最新情報

日興グラビティ・アメリカズ・ファンド、設定額決定・運用開始 新エネルギー革命がもたらす効果に期待大

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























日興グラビティ・アメリカズ・ファンド、設定額決定・運用開始 新エネルギー革命がもたらす効果に期待大

このエントリーをはてなブックマークに追加
期待の高まる米国を中心に投資するファンド
日興アセットマネジメント株式会社の「日興グラビティ・アメリカズ・ファンド 愛称・ビバ・アメリカズ」が、2012年12月27日に設定額を2000億8076万円とし、運用を開始した。

日興グラビティ・アメリカズ・ファンドはグラビティ(引力)効果を念頭に、米国を中心とした南北アメリカ大陸の国々を主な投資対象とするファンド。上場株式やADR(米国預託証書)などに投資し、原則として為替ヘッジは行わない。
日興グラビティ・アメリカズ・ファンド
(イメージ画像)
新エネルギー革命で経済活性化なるか
日興アセットマネジメントが11月に発表した販売用資料では、「米国経済の隆盛と株価上昇への期待」と題して、米国におけるシェールガス採掘技術の革新などに代表される新エネルギー革命の兆しは、米国経済が勢いづく大きなきっかけとなると期待している。

新エネルギー革命によって米国では、エネルギー価格の低下と自給率の向上が起きつつあるという。このことは製造業の幅広い分野で競争力の向上につながるとし、米国ではダウ・ケミカルやフォード・モーターなど大手製造業を中心として新たな生産拠点を国内に設ける動きが見られるという。

過去米国ではGDP成長率が3%程度を上回り続ける局面では株価が力強く上昇する傾向が見られ、新エネルギー革命をきっかけとして、米国の中長期的な成長率は高まれば、株価上昇の角度の高まりも期待できるという。

グラビティ効果への期待
資料では米国経済の隆盛とグラビティ効果について、
国際経済学には、「2国間の貿易量は、経済規模が大きく、距離が近いほど大きくなる」という考え方があります。「グラビティ理論」とも呼ばれるこの考え方に基づくと、米国経済の隆盛は、同国との距離が近く、経済面でのつながりが強いカナダ、メキシコなどとの貿易量拡大を通じて、南北アメリカ大陸全体にプラスの影響をもたらす大きな要因になると考えられます。
としている。


外部リンク

日興グラビティ・アメリカズ・ファンド
http://www.smbcnikko.co.jp/inv/item/inv/inv_124/index.html
Amazon.co.jp : 日興グラビティ・アメリカズ・ファンド に関連する商品



  • 不動産データ分析基盤「estie pro」、商業用不動産への投資判断時や、管理物件の収支報告時に作成する競合物件リストが、英語作成可能に(1月20日)
  • 【2月7日 特別公開授業】女子高校生が新NISAを学ぶ!ファイナンシャルアカデミー、品川女子学院に「お金の授業」提供(1月19日)
  • くらしの経済メディア『MONEY PLUS』にて新連載、「お金の知りたいを解決!お金の学園~学級委員・よゐこ 有野晋哉~」が、2023年1月10日よりスタート(1月17日)
  • 50歳以上の方へ、老後資金づくりをテーマにした 新刊『70歳・80歳でも、明るく過ごせる老後資金づくり』が、2023年1月6日(金)Amazon、1月16日(月)書店にて発売(1月17日)
  • ウェルスナビ、成年年齢の引き下げに伴い、「おまかせNISA」を満18歳以上のお客様に提供開始(1月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ