投資信託最新情報
2021年08月04日(水)
 投資信託最新情報

楽天証券初、北國銀行とファイナンシャルスタンダードとの3者間における「共同運営サービス」提供開始

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























楽天証券初、北國銀行とファイナンシャルスタンダードとの3者間における「共同運営サービス」提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天証券株式会社は、株式会社北國銀行および楽天証券の契約独立系ファイナンシャルアドバイザー(「IFA」)、ファイナンシャルスタンダード株式会社との3者において「共同運営サービス」を開始することを発表した。

最新投信

楽天証券・地域金融機関・IFA事業者3者の強みを活かした新たな提携モデルが誕生
昨今、顧客の高齢化の進展にくわえ、コロナ禍で進む預金の増加への対応を進めるため、多くの地域金融機関は新たな顧客サービスの構築に取組んでいる。

楽天証券は、それらの地域金融機関にソリューションを提供すべく、現在7行と金融商品仲介業に関する業務提携契約を締結し、様々な金融商品・サービスを提供する。

北國銀行は、金沢市内を中心に105店舗を構え、長きにわたって石川県を代表する銀行として個人、法人に幅広い顧客基盤を持っている。

は、金融商品のみならず、あらゆる世代の個人が安心した生活を送るための包括的なアドバイスをチームで提供するサービスを構築し、高い顧客満足を実現しているIFA事業者である。

今回新たに開始する「共同運営サービス」は、北國銀行、ファイナンシャルスタンダードと、インターネットを通じた効率的かつ安定した取引環境を提供する楽天証券の3者間で業務提携を行うことにより、各社の強みを活かした新しいビジネスモデルを実現するもの。

これにより、投資助言を行う子会社の設立など、個人向けの資産運用サービスの向上を目指している北國銀行は、取扱商品の幅が広がるだけでなく、お客にファイナンシャルスタンダードのアドバイザーによる、より専門的かつ包括的な資産運用・資産管理にかかるアドバイス提供が可能になる。

楽天証券、地域金融機関、IFA事業者3者の強みを活かした「共同運営サービス」は、楽天証券においては、地域金融機関を利用するお客様にも楽天証券を活用できるようになる。

また、地域金融機関においては、顧客満足の向上と人材の育成などが可能に、さらにIFA事業者においては全国各地、幅広い地域のお客様への提案機会や知名度向上を実現する取り組みができるようになる。

本サービスを通して、各社の課題解決が可能になるだけでなく、個人の資産運用支援や地域経済の活性化に、より一層貢献できると考えられている。




Amazon.co.jp : 最新投信 に関連する商品



  • 投資一任サービス「ON COMPASS+」預かり資産残高が100億円を突破(8月4日)
  • FP在籍300名の保険代理店から生まれた新たな不動産投資サービス!「たまるモール by ふるなび」にて「ファイナンシャルプランナーの不動産投資面談」が掲載スタート!(8月3日)
  • 地球にエコな投資型クラウドファンディング 『SOLMINA(ソルミナ)』がFIT対応型太陽光発電ファンド 「SOLMINA再エネファンド2号」の募集を開始(7月31日)
  • 北陸銀行が「投資信託デビュー応援キャンペーン」を実施(7月25日)
  • iDeCoの書類返送キャンペーン開催~SBI証券(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->