投資信託最新情報
2017年06月23日(金)
 投資信託最新情報

個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月8日より3ファンドの新規取り扱いを開始
株式会社SBI証券(以下、SBI証券)は個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)用のインデックスファンド3本の新規取り扱いを11月8日より開始することを発表した。

株式会社SBI証券
2016年5月に行われた確定拠出年金法等の改正により、2017年1月以降は公務員、主婦等を含むすべての現役世代が実質的に加入対象となる。それに伴い、iDeCoを資産形成に活用するニーズが高まることが予想され、今回の商品拡充もその対応の一環とされている。

新しく追加されるのは、「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」、「DCニッセイJ-REITインデックスファンドA」、「iFree NYダウ・インデックス」の3本。また、2016月10月14(金)にはiDeCo専用ファンドを含む4本の新規商品取り扱いも開始される予定だ。

低コストで長期運用に適したラインアップ
「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」(委託会社:ニッセイアセットマネジメント)は日経平均株価(225種・東証)をベンチマークとした運用を行い、国内株式200銘柄以上に等株数投資を行うファンドだ。

「DCニッセイJ-REITインデックスファンドA」(委託会社:ニッセイアセットマネジメント)は国内の証券取引所に上場している不動産投資信託証券(JーREIT)を投資対象としており、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する成果を目標として運用が行われる。

「iFree NYダウ・インデックス」(委託会社:大和証券投資信託)は米国の株式に投資するファンドで、ダウ・ジョーンズ工業株価平均をベンチマークとしている。いずれのファンドも信託報酬は0.21~0.27%と低く設定されており、長期運用に適したラインアップとなっている。


外部リンク

株式会社SBI証券プレスリリース
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/

株式会社SBI証券ホームページ
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/


Amazon.co.jp : 株式会社SBI証券 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • 沖縄銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」の取り扱いを開始(7月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->