投資信託最新情報
2017年10月21日(土)
 投資信託最新情報

沖縄銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」の取り扱いを開始

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























沖縄銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」の取り扱いを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
37社で販売されている1年決算型ファンド
株式会社沖縄銀行(以下、沖縄銀行)はピクテ投信投資顧問株式会社が運用する追加型投資信託「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」の取り扱いを7月21日に開始した。

株式会社沖縄銀行
「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」は主に世界の高配当利回りの公益株に分散投資する1年決算型ファンドで、信託期間は当初設定日である平成20年10月31日から無期限、決算日は毎年8月10日だ。今回の沖縄銀行の追加で、販売会社数は7月21日以降37社(証券会社:19社、銀行:18行)となる。

なお、このファンドは毎月分配型ファンド「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」と同様のポートフォリオで運用が行われる。

「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」は純資産総額9,865億円(2015年7月17日現在)を誇る日本最大級の株式投資信託で、沖縄銀行でも2015年1月より販売が開始されている。

日常生活に不可欠な公益サービスを提供する世界の企業に投資
ファンドが主に投資するのは電力・ガス・水道・電話など、日常生活に不可欠な公益サービスを提供する世界の公益企業が発行する株式だ。

2015年2月27日現在の組み入れ上位5ヵ国および構成比は、米国41.7%、英国7.9%、フランス7.7%、イタリア5.5%、日本5.4%で、組み入れ上位3銘柄は「ボーダフォン・グループ」(英国)、「日本電信電話(NTT)」(日本)、「ドミニオン・リソーシズ」(米国)となっている。

運用はファンド・オブ・ファンズ方式で行われ、「グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド」および「ショートタームMMF EUR」の各投資信託を通して、世界の公益企業のほかに短期金融商品などにも投資が行われる。


外部リンク

ピクテ投信投資顧問株式会社プレスリリース
http://www.pictet.co.jp/archives/60038


Amazon.co.jp : 株式会社沖縄銀行 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->