投資信託最新情報
2017年03月26日(日)
 投資信託最新情報

SBI証券が取り扱う投資信託本数が国内最多の2,000本を突破

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























SBI証券が取り扱う投資信託本数が国内最多の2,000本を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーロード投信も国内最多の571本。預かり残高は1兆円を突破
株式会社SBI証券(以下、SBI証券)は同社が取り扱う公募投資信託の本数が国内最多の2,000本を突破した事を発表した。販売手数料が無料のノーロード投信の取扱本数も国内最多の571本で、投資信託の預かり残高は主要ネット証券(SBI証券、カブドットコム証券株式会社、マネックス証券株式会社、楽天証券株式会社)No.1となる1兆円を突破している。

株式会社SBI証券
SBI証券は1999年にインターネット取り引きのサービスを開始して以来、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」の実現に向け、「ラップ型ファンド(愛称:My‐ラップ)」をはじめとする魅力的な商品ラインアップの充実や、「投信マイレージサービス」、「投信積立銀行引落サービス」の実施など、顧客の利便性向上に努めてきた。

取り扱い投資信託の内訳は海外債券706本、海外株式497本
SBI証券が取り扱っている投資信託の内訳は海外債券706本、海外株式497本、国内株式360本、バランス238本、国内債券36本となっており、海外の債券・株式が半数以上を占めている。

他にも、コモディティ21本、ヘッジファンド18本などの取り扱いもあり、REITに関しては海外REITが99本、国内REITが31本という状況だ。保有者層の男女比は男性67.6%、女性32.7%となっている。年代別では、30歳未満8.5%、30代26.9%、40代28.1%、50代17.9%、60代以上18.6%で、30代と40代の合計が全体の半数以上を占めている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社SBI証券ホームページ
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/


Amazon.co.jp : 株式会社SBI証券 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->