投資信託最新情報
2017年04月26日(水)
 投資信託最新情報

岡三オンライン証券がラップ型ファンド「ラップ・アプローチ」3銘柄の新規取り扱いを開始

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























岡三オンライン証券がラップ型ファンド「ラップ・アプローチ」3銘柄の新規取り扱いを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク水準ごとに3つのコースを用意
岡三オンライン証券株式会社(以下、岡三オンライン証券)は平成27年6月8日(月)より、ラップ型ファンド「ラップ・アプローチ」3銘柄の取り扱いを開始した。今回の3ファンドの追加により、岡三オンライン証券が取り扱うファンド総数は144ファンドとなる。

岡三オンライン証券株式会社
ラップ型ファンドは金融機関の専門家が投資家のリスクに対する考え方や投資目的などを確認したうえで、投資家の希望に添ったポートフォリオを作成し、運用をするというもの。

近年注目が高まってきており、モーニングスター社の調査によると、2014年のファンドラップ専用投信の資金流入額は2013年の4倍強である1兆4,855億円という状況だ。

「ラップ・アプローチ」は「今から老後に備えた資金作りを考えたい」、「将来の結婚や住宅購入のために資金作りをしたい」など投資家の様々なニーズに対応するため、安定的な成長を重視する「安定コース」、安定性と成長性のバランスを重視する「安定成長コース」、成長性を重視する「成長コース」と、リスク水準ごとに3つのコースが用意されている。

投資家が選択したコースに合わせて、株式(日本、世界、新興国)、債券(日本、世界、新興国)、リート(日本、世界)の8つの資産の配分比率を決定し、分散投資する。

6つの質問に答えるだけで最適なコースが提案される「投資コースナビ」
コースを選択する際には、岡三オンライン証券のweb上で無料公開されている診断ツール「投資コースナビ」を使用することができる。独立系投資運用会社のイボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社が開発したこのツールは、6つの質問に答えるだけで投資スタイル・リスク許容度を客観的に診断し、最適なコースを提案してくれるというものだ。


外部リンク

岡三オンライン証券株式会社ホームページ
http://www.okasan-online.co.jp/

岡三オンライン証券株式会社ニュースリリース
http://www.okasan-online.co.jp/pdf/press/2015/06/


Amazon.co.jp : 岡三オンライン証券株式会社 に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->