投資信託最新情報
2017年04月26日(水)
 投資信託最新情報

4本のバンガードETF(VWO、VEA、VGK、VPL)に小型株式を追加

注目の投信
運用状況
新商品・新サービス
投信データ
その他
国内投信最新 新着30件






























4本のバンガードETF(VWO、VEA、VGK、VPL)に小型株式を追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
VWOに中国A株、VEAにカナダ株式をさらに追加
米国のザ・バンガード・グループ・インクは、国際株式指数に連動する4本のバンガードETF「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF」(以下、VWO)、「バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF」(以下、VEA)、「バンガード・FTSE・ヨーロッパETF」(以下、VGK)、「バンガード・FTSE・パシフィックETF」(以下、VPL)に小型株を追加すると同時に、VWOに中国A株、VEAにカナダ株式をそれぞれ組み入れることを発表した。

バンガード
これにより、各ETFはその市場の時価総額加重平均により近づくと同時に、分散化のメリットが拡大することとなる。また、VWOは中国A株を組み入れることで、中国本土の上場企業を含む幅広い時価総額加重インデックスに連動する初のETFとなり、VEAは小型株から大型株にいたるまでカナダを含めた米国以外の先進国市場をカバーする最大のETFへと生まれ変わる。

幅広く分散化された新しいFTSEオールキャップ・インデックスへ移行
今回の変更に伴い、4本のETFのベンチマークは、これまで以上に幅広く分散化された新しいFTSEオールキャップ・インデックスへ移行する。

新しいベンチマークに基づく小型株式の組み入れ比率は各ETFそれぞれ10%前後となっており、ベンチマークの移行は数か月かけて段階的に行われる。

また、VWOは「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)トランジション・インデックス」、VEAは「FTSEディベロップド(除く北米国)インデックス」をそれぞれ移行用インデックスとして使用する。なお、VWOの移行後のインデックスには中国A株が約5.6%、VEAの移行後のインデックスにはカナダ株式が約8%含まれることとなる。


外部リンク

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社プレスリリース
https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/


Amazon.co.jp : バンガード に関連する商品



  • 岡三オンライン証券が投資信託5ファンドの新規取り扱いを開始(12月1日)
  • 個人型確定拠出年金の運用商品拡充を発表(SBI証券)(10月10日)
  • 楽天証券が個人型確定拠出年金用の商品ラインアップを発表(9月15日)
  • 業界初となる投資信託の専門店「投信の窓口」がオープン(髙木証券)(10月16日)
  • ETF の活用方法を紹介する「楽天証券ETFカンファレンス2015」を開催(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->